読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼から抜け出せない

主に神山智洋さんの手のひらで転がされてる

黒子のバスケのキャラをジャニーズWESTにあてはめてみた

絶賛、黒バスロス。ネカフェ行ってアニメも視聴して原作も読んだ。

そしてあてはめた系のやつ、前回のスラムダンクをやった時、結構楽しかった。ちょうど自分でも再熱しているためもう一度やってみた。前回同様、自分の独断と偏見で決めた。

※しつこいようだけど実写希望ではない

アニメの実写化は基本あまり好きではないので…

 

黒子テツヤ神山智洋

これはもう、正直なところ身長で決めた。

黒子っちは168㎝、神山さんは170.5㎝(って聞いた気がする)

高校生男子と同じくらいの背丈か…神山氏。

 

あと、何週間か前だかにエージェントWESTをネットで視聴している時、(わたしの住んでる地域では映らない)で神山さんのロケの時に突如、 ミスディレクション という言葉が放たれた。

 

黒子っちの本骨頂…!!!!

 

そう考えると神山さんが消えるドライブとかイグナイトパスとかして、相手チームの意表をついてたら…とてもいいと思った。

二人とも基本は穏やかだと思うけどキレたら怖そうだし、自分で譲れない何かを持っていると思う。熱い男なのでは?

 

黄瀬涼太→藤井流星

二人とも、金髪。確かピアスも二人ともしてる。んでもって黄瀬はモデルも兼ねてるから、スタイルもいいし。モテるだろうな〜二人とも。藤井さんもおしゃれだし。

黄瀬はパーフェクトコピーっていう、キセキの世代の技、なんでもできちゃうっていうトンデモチート能力を持ち合わせてるけど、やっぱりその分体力の消耗が激しくて。よく、チームメイトと試合後に泣いてしまうイメージが大きい。あと、流星は天然でよく突っ込まれてるところも見るし、黄瀬もキセキの世代とか、黒子っちとかにいじられるところも見るし。なんだかんだ、二人とも可愛がられてるよなぁ、と。きっと要領がいいんだろう。二人とも。

 

紫原敦→小瀧望

だって、二人ともビッグベイビーだし。

キセキの世代で一番の高身長のむっくん。お菓子大好き。チームメイトの氷室さんに懐いてる。

最年少なのに、一番の高身長小瀧くん。基本、濵田さん大好き人間。もしや誰かにくっついていたいタイプ?

二人とも、弟感がすごい。あと、ポジション的にも同じなのでは。Cとして。

小瀧くんは頭脳戦でリバウンドとかとって、ゴール下のポジションを守りそう。技巧派Cかな?

正直、木吉とも迷ったけどむっくんがおかし食べてる姿を映画で見たら間違いなく小瀧くんはむっくんだと思った。

 

青峰大輝or火神大我(二人ともウィンターカップ以降)→濵田崇裕

すっごい迷った。迷った挙句、結局決められなかった。基本この二人もチートっちゃチート。運動量、スタミナも半端ないし。青峰とか特に人間技じゃないよなぁ。でも濵田さんだったらなんかやってくれそうな雰囲気が醸し出してるところがすごいなと。ぜひ、濵田さんには裏側のゴールポストからゴールを決めていただきたい。あと仲間のために戦う意思でゾーン入ってほしい。(願望)

 

赤司征十郎+緑間真太郎→中間淳太

これもなかなかに迷った。年上の二人、難しい。イメージ的に赤司くんと緑間を足して二で割った感じ。二人とも知的で、根は真面目だし。淳太くんはPG似合うと思う。視野が広そうだし、的確なパスを出しそう。そういう意味では赤司くん。緑間に似てるなと思ったのは、たまに黒縁眼鏡をかけてる姿を披露しているけど、これで緑の髪だったらなぁ…と思ったことが多々ある。まぁ、3Pシュートが得意かは知らないけど。(でもあんな位置から打って入る人いないよ。ほんとチート)

あと、正直なところ淳太くんに

なのだよ

と言わせたいだけ。

 

高尾和成→重岡大毅

しげごめん、キセキの世代じゃないけど。あとキセキの世代といったら多分桃井ちゃんしかいねーんだわ。それ女の子やん。

でも高尾と緑間の絡みが、しげじゅんの絡みとかぶる。うざ絡みしてくるけど、実は信頼し合ってるみたいな。あと、しげも視野が広そうで相手方に意表をつきそう。

独特な笑い方が二人とも似てるなぁ、と。いたずらをしかけてるところとか。

そして、淳太くんを乗せてリアカーを引くしげがみたい。ただそれだけ。

 

木吉鉄平→桐山照史

桐山さんごめん。キセキの世代じゃなくて。無冠の五将になっちまった。

でも、不思議とこの二人には人を安心させる何かがあるんじゃないかと思う。木吉は持ち前のど天然ぷりで。桐山さんはムードメーカーとか、楽しそうに笑う姿とか。

この二人がいるだけで、チームが明るくなりそう。

 

本当は全員キセキの世代で揃えたかった。でも楽しかったから、いいとしよう。今度また別のでもやってみよう。あてはめるシリーズ、ハマってきたかもしれない。